いざという時に慌てないために!

日本には「冠婚葬祭」というものがあり、それぞれにルールが細かく決められています。
今は、冠婚葬祭といっても主に婚礼とお葬式が中心ですよね。

おめでたい婚礼については、事前に連絡が来ますし、それに備えていろいろ調べたりする時間もある。
でも、お葬式はそうもいきませんよね。
ある日突然、その連絡が来る。
そして、だいたいはその日のうちにお葬式の会場に行かないといけない。
とにかく時間がないのがお葬式の特徴。

ある程度年令を重ねて、お葬式に行くことが多い人は(できるだけ行きたくありませんが)お葬式のマナーについても知識が増えていきますが、初めてお葬式に行く人は、どのようなマナーがあるのか、ちょっと困惑してしまいますよね。
失礼があってはいけないし、でも、何が失礼なのかもよくわからないし。

さらに問題なのが、自分が喪主になってしまった場合。
人間、喪主にならなければいけない時ほど精神的に辛いことはありません。
でも、その時は突然やってきてしまいます。
そうなった時に、亡くなった人に対して顔向け出来ないような恥をかくわけにはいかない。
でも、喪主として何をすればいいのか、全くわからない。

そんな、お葬式についてのルール、マナーをこのサイトでは解説していこうと思います。
いざという時に慌てないために、大切なのは「何事もない」時に、知識をつけておくことです。
もちろん、突然このサイトの内容が緊急に必要になることもあるかと思いますが、できれば早く読んで、備えをしておくことが望ましいと考えます。
本来であればあまり知りたくないことかもしれませんが、知っておかないと恥をかくのはご自身です。
最低限のマナーは身につけておきましょう。

お葬式の費用が気になる人へ!

急なお葬式が決まってしまったのだけど、費用があまりない場合・・・
これからお葬式があるかもしれないけど、あらかじめ自分で内容を決めたい場合・・・
そんな時には、「リーズナブルな値段で充実のサービス」を展開している葬儀社にお願いするのが一番。
こちらのサイト「葬式費用.com」では、そうしたリーズナブルなサービスを行なっている葬儀社さんをご紹介しています。
中には火葬式だと15万円以下で行なってくれるところも!
ぜひ参考にしてみてください!