お別れの儀から出棺までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀・告別式が終了すると、棺が中央に出され、遺族や近親者が最後の対面をする「お別れの儀」が始まります。お別れの儀では遺族や近親者の手で生花を棺の中に入れていきます。棺に一緒に入れたいものがあれば、この時点で入れます。

お別れの儀が終了したら、棺の蓋を閉じて、霊柩車へ運びます。地域によっては棺の蓋に釘を打つ「釘打ち」が行われることもあります。釘打ちについては、最近ではあまり行われないようになってきていますが、やり方としては半分ほど打ち込まれた釘を、家族・親戚が小石で1人数回軽く打ち込んでいくのが通常です。浄土真宗やキリスト教ではこの釘打ちは行われません。

出棺前に喪主か遺族代表が挨拶を行います。その際、喪主は位牌、他の遺族が遺影を前に抱えます。その他の親戚は横か後ろに整列して並びます。
遺族挨拶の内容としては、

  • 冒頭の挨拶:本日はお忙しい中・・・など
  • 故人とのエピソード
  • 故人への交誼の感謝の言葉
  • 結びの言葉:今後とも変わらないご指導と・・など

といった内容が一般的です。

遺族挨拶が終了したら、霊柩車は故人を載せて火葬場へ移動します。
遺族はハイヤーかマイクロバスに乗車して火葬場へ向かいますが、できれば1人は霊柩車に同乗することをおすすめします。通常サイズの霊柩車であれば助手席に1人は同情できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。