お布施の相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式をする中で最もやっかいなのが、お布施をいくら払えばいいのかという問題。
お寺に聞いても「それはお気持ちだけで結構です」と必ず言われます。
ですが、実際にはお布施には「相場」というものがあります。
この相場からあまりにもかけ離れた金額を払うのは、やはりちょっと世間体が悪い。

もし近親者に同じお寺の檀家になっている人がいれば、その人に聞くのがいちばんです。相場をそれとなく教えてくれるでしょう。
ですが、近親者がいない場合、またはそういう知識のある大人が周囲にいない場合、問題は難しくなります。

実は、お布施の金額というのは、戒名の位によって大きく異なるのです。
高いお布施を払えば高い位の戒名をつけてくれますし、少ししか払わないと低い位の戒名しかつけてくれません。現実はシビアです。

もし戒名が必要でなく、読経だけの場合ですと、お布施は10~20万円で済みます。ただし、戒名がないとお寺によってはお墓に入れてくれない場合があるので要注意です。

戒名にそれほど思い入れがなく、とりあえずあればいい、ということであれば、お布施の金額は40~50万円程度を見ておけばいいでしょう。ただし、東日本のほうが西日本より金額は高め、また都市部のほうが地方よりも金額が高めなので、東京都内に住んでいる人はかなり相場が高いということを念頭に入れておいてください。

もし戒名を最高の位にしたければ、お布施の金額は80~100万円ほどにもなります。これだけ払えば、読経もかなりサービスしてくれるではないでしょうか。ただ、それだけ払う価値が本当にあるのかどうかは、よく考えて、故人の意思を尊重した内容にしておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。