どの宗教で葬儀を行うかを決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次に、葬儀をどの宗教にのっとって行うかを決めます。
もし、自分の宗教が仏式で、故人も同じ宗派である場合は特に大きな問題は起こりません。すぐに檀家となっているお寺の僧侶に連絡をして、通夜・葬儀の日程や戒名について相談しましょう。

もし、親子で異なる宗教を信じている場合は、状況が難しくなります。
基本的には亡くなった本人の宗派に合わせて葬儀を行うのが常道ですが、絶対ではありません。
それに、故人が葬儀を終えてお墓に入る場合のことも考えておかなければなりません。公営の墓地や宗旨宗派不問の墓地に納骨するのであれば問題はありませんが、お寺のお墓に入るのであれば、場合によっては改宗を求められる可能性もあります。

日本的な仏式の葬儀を希望するけれど檀家になっている菩提寺がない場合は、葬儀社がお寺を紹介してくれることもあります。ただし、葬儀社によっては「派遣」の僧侶を紹介してくれるところもあります。
こうした「派遣」の僧侶は、正直質があまり良くありません。中にはすべての宗派のお経をマスターした「自称僧侶」などもいるので、じゅうぶん注意が必要です。
できれば、生前から葬儀はどの宗派で行うか、お墓はどこに入るのか、は決めておくのがいちばんでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。