キリスト教の葬儀の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キリスト教のお葬式は、カトリックとプロテスタントの違いはありますが、おおむね聖書の朗読、説教、賛美歌などで構成されています。
とはいえ、日本の場合、キリスト教のお葬式であっても日本人向けにある程度歩み寄った構成になっていて、仏式の葬儀で行われる「弔辞」「弔電」「お別れの儀」「遺族挨拶」など、本来のキリスト教の葬儀ではみられない儀式も取り入れられています。

キリスト教の葬儀では、仏式の葬儀とは異なる部分が多く、特に賛美歌などは日本人にはあまり馴染みのないものなので、葬儀の式次第や賛美歌の楽譜、祈りの言葉などをまとめた印刷物が参列者に配布されることも多くあります。これらは教会が用意する場合と遺族が準備する場合があります。

キリスト教と仏式の葬儀の違いとしては他に遺影を正面に飾ったり、供花の名札を祭壇に並べることはしません。また弔辞についても故人に向かってではなく遺族への慰めと励ましを中心に、遺族や参列者側を向いて語りかけます。

キリスト教の葬儀ではみんなで賛美歌を歌ったりお祈りをする場面があります。無理の無い範囲で構わないので、周囲と調和した動きをするように心がけるといいでしょう。

キリスト教葬儀の式次第

遺族・親戚着席

司式者(牧師・神父)入場、開式の辞

聖書朗読、賛美歌、聖歌斉唱、祈りなど

献花・献香など

司式者の退場、閉式の辞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。