亡くなった直後にすみやかに行うべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからは、本人が亡くなってからのことです。
とうとう故人となってしまってからは、悲しみにひたっている時間はありません。すぐに手続きを進めていかなければならないのです。

まず病院で亡くなった場合、医師が死亡の判定を行い、看護師が点滴や呼吸器をはずしたり、切開したところを閉じてくれたりします。
また、仏教徒なら病院で「末期の水」を準備してくれるところもあります。

そのような処置が進む中で、病院を退院する手続きを取らなければいけません。
まずは私物をひとまとめにし、医師から死亡診断書を受け取ります。死亡診断書は役所へ届け出る「死亡届」と左右セットで1枚になっています。
死亡診断書は生命保険の受け取りにも必要なので、2~3枚余分にもらっておきましょう。死亡診断書は病院によって値段が違いますが、おおよそ1枚5000円程度です。
死亡診断書を受け取ったら、入院費用の精算を行い、遺体を搬出することになります。
遺体の搬出はできるだけすみやかに行われるように病院側から促されますが、病院によっては数時間~半日程度は院内の霊安室に安置させてもらえるケースもありますので、葬儀社が決まっていない、またはまだ連絡が取れていない、といった場合は、しばらくは搬出しなくても大丈夫だということを覚えておきましょう。

次に、自宅で亡くなった場合、かかりつけ医もしくは警察医の診断により死亡が確定します。警察医の場合は「死体検案書」が作成されます。
その後の遺体の処置ですが、看護師が処置をしてくれる場合と、全く何もしない場合があります。医師が何もしない場合は、葬儀社と連絡をとりあって死体の処置をどのようにすればいいか提案してもらいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。