亡くなる前に決めておく事柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ本人が亡くなってしまうと、その意向が判断できず、トラブルのもととなることも。
余命が少ないとわかった場合はすぐに、そうでない時でも、時期を見て、以下のことを決めておくことでトラブル回避になります。
・訃報を知らせるべき人、知らせなくてもいい人
・葬儀・墓に対する本人の希望
・形見分けに対する本人の希望
・財産・相続について
特に財産・相続については非常に大きな問題です。
このことについて本人がきちんと決めておかなかったばかりに、亡くなった後に醜い骨肉の争いが起きることが少なくありません。
ぜひ、亡くなる前にしっかりと決めておいてください。

最近では書店などで「エンディングノート」というものが販売されています。
これは、対話形式で自分が亡くなったあとにどうすればいいのか、どうしたいのかが事細かに書けるようになっているため、このエンディングノートを有効活用することで、なかなか口には出しにくい「自分が死んだ後のこと」をスムーズに決めることが出来るようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。