初七日法要について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火葬が終わり、骨上げも済んだら、遺族・親戚は式場に戻ったり、法要・会食会場に移動したりします。それぞれの施設・部屋に入る前に、死の穢れを清める意味で身体に塩をふりかけたり、手に水をかけたり、おしぼりで手を拭くなどの儀式をします。これについては最近では穢れの意味合いが薄れてきたこともあり、行われない場合も多いようです。

火葬が終わって遺骨になって戻ってきた故人を迎える法要のことを「遺骨法要」と言います。最近では遺骨法要と同時に初七日法要を行うケースが多くなっています。本来であれば初七日法要は故人の没後7日後に行われる儀式なのですが、7日後に遺族・親戚が全員揃うのは難しいという理由で、最近では火葬の直後に初七日法要が行われるようになってきています。

最近急速に増えているのが、火葬後ではなく葬儀・告別式の式中に初七日法要まで行なってしまう、というパターンがあります。これを「繰り上げ初七日法要」といいます。中には葬儀当日に四十九日法要まで行なってしまう「取越法要」「繰り上げ四十九日法要」を営む地域もあります。

なお、神道の葬儀の場合、葬儀が終わったあとには「帰家祭」といわれる儀式を行います。その際、仮御霊舎と言われる台に遺骨と霊璽を置きます。
キリスト教の場合は遺骨法要・初七日法要・帰家祭に相当する儀式はありませんが、日本の風習に譲歩して遺骨を台に安置し、献花を行ったり賛美歌を歌ったりする場合もあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。