喪主としてふさわしい通夜の時の服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とうとう通夜の日が来てしまいました。
悲しみに耐えながら、人生のうちでそう何度もない多忙を極める1日を大過なくすごさなければなりません。

そのためには、まず家を出る際に、喪主としての服装がきちんとしているかをチェックしましょう。

本来お通夜というのは正装をする必要のないものでした。
なぜなら、喪主をはじめとした近親者は故人と共に夜を徹して過ごすものでしたのでこの時点で喪服を着る必要はありませんし、参列者は「大急ぎで来たから喪服を用意できなかった」という事を表すために華美な服は避けるものの喪服は着てこないのが本来の形でした。

ですが、最近は事情が変わってきていて、お通夜に参列者が集中する傾向があり、また喪服を着てくる参列者が多くなったため、遺族もそれに合わせて喪服を着るようになってきました。
ですから、家族葬など、近親者のみで通夜をする場合は、必ずしも喪服を着る必要はありません。それが本来の姿なのです。

お通夜の時点で喪服を着用するのであれば、男性は洋装ならモーニングコート、和装なら紋付袴が本来の正式な服装になります。
ですが、最近ではブラックスーツが一般的になっています。
女性の場合はワンピースかアンサンブル、スーツのいずれかが適当だと思われます。パンツスーツはややカジュアルに思われるかもしれないので避けたほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。