地域による葬儀告別式の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀・告別式の行い方は地方・地域によって大きく異なります。

例えば、一般的には火葬は葬儀・告別式のあとに行われますが、地方によっては先に火葬を行い、その後葬儀・告別式を行うこともあります。
こうしたやり方は、故人が骨になってからの葬儀なので「骨葬」と言います。骨葬では午前中に火葬し、午後から葬儀告別式を行うケースが多いようです。

また、葬儀告別式は、今では一連の流れになっていますが、二部構成にして、「葬儀」「告別式」をはっきり分けている地方も少なくありません。むしろそちらのほうがかつては主流でした。
葬儀は宗教儀礼などによって故人を送る儀式のこと。一方告別式は友人・知人たちと最後のお別れをする場という意味があります。
このように、葬儀と告別式は本来性格が違うものだったことは覚えていて損はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。