枕飾りをしつらえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体の安置所が決まったら、すみやかに安置所に遺体が搬送され、安置されます。
自宅や安置所に安置された遺体は、納棺までの間は布団に寝かせられます。布団に寝かせたあとは、葬儀社がドライアイスを当てるなどして保全処置を施します。
それらの準備が整ったら、葬儀社のほうで「枕飾り」をしつらえてくれます。枕飾りは宗派によっても異なりますが、基本的には「香炉」「ろうそく立て」「花立て」の3具足と呼ばれる仏具を最低限用意します。その他にも枕団子、枕飯、鈴、守刀などが用意されることもあります。

また、自宅に安置する場合、神棚があれば正面を半紙で隠す「神棚封じ」を行います。仏壇は閉じる必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。