死亡届を提出する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡届は、死亡診断書または死体検案書と左右で1枚の用紙になっています。
死亡診断書・死体検案書は医師が記入しますが、死亡届は家族が記入します。
死亡届は亡くなって7日以内に役所への提出が義務付けられています。

死亡届を届ける届出人は親族・同居者・家主・地主・家屋管理人・土地管理人等・後見人・保佐人・補助人・任意後見人とされていますが、代理人でもいいので、一般的には葬儀社が代行することが多いです。その場合は、届出人の印鑑が必要になります。

役所へは死亡届の他に火葬許可申請書も提出します。これらが受理されたら死体埋火葬許可証が交付されます。これがないと火葬を行えませんので、重要な書類になります。火葬場で必要になるので、自分で持たずに葬儀社に預けておくことをおすすめします。

死亡届を提出する場所は死亡者の死亡地、本籍地、または届出人の所在地の市役所・区役所または町村役場に提出します。24時間受け付けています。

妊娠12週目以降の死産・流産の場合、医師に死産証明書を作成してもらい、役所に提出します。
生後すぐ亡くなった場合は、先に出生届を出した後に死亡届を提出します。いずれも提出は死後7日以内です。原則的には火葬します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。