火葬場での流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火葬場へ向かう時に絶対に忘れてはいけないのは死体埋火葬許可証です。
これがないと火葬ができません。
とはいえ、この許可証については基本的に葬儀社の人が預かってくれていますので、特別な場合がない限り喪主の人は気にする必要はない場合が多いです。
火葬炉前に到着したら、職員の指示に従います。場合によっては焼香や献花ができたり、棺の小窓を開けて最後のお別れができる場合もあります。また、この際に僧侶が来て短い読経(炉前法要)をする場合もあります。

そうした儀式や手続きが済んだら、遺族は別室で待機することになります。火葬の時間は早くて40分ほど、長いと2時間ほどです。その間は食事をするところもありますし、お菓子とお茶で過ごす場合もあります。火葬場によって過ごし方は異なるので葬儀社に確認しておいてください。

火葬が終わると、火葬炉に向かい、遺族による「拾骨」「骨上げ」という、遺骨を拾い集める儀式があります。
骨上げは喪主から2人一組になり、1片の骨を拾い上げる「箸渡し」という作法で行われます。
関東では全ての骨を拾い集めますが、関西では喉仏や歯骨など一部の遺骨しか拾い集めません。地方によって作法も異なります。

なお、火葬の前に渡した死体埋火葬許可証は、「火葬済」の証明印を押されて返却されます。これは納骨の際に必要となる書類なので、火葬場職員が骨壷に一緒に入れて渡してくれるところが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。