神道の葬式の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道ではお葬式のことを「神葬祭」と言います。仏式で通夜に当たるのが「遷霊祭・通夜祭」で、葬儀告別式に当たるのが「葬場祭・告別式」になります。聞きなれない言葉が多いので戸惑う場合もありますが、基本的な流れは仏式とそう大きくは異なりません。式次第の中で大きく異なるのは焼香の際に「四手」をつけた玉串を納め、拍手ではなく音を立てないしのび手でお参りします(玉串奉奠の儀)

また、戒名に当たる名前は「諡名」といい、名前の下に「之霊」「命」「霊位」などをつけます。男性は「大人命」、女性は「刀自命」をつけることもあります。

神葬祭では立ったり座ったり低頭したり仏式のお葬式とは異なる動作をします。

神道の神葬祭で使う主な用語

・霊璽:故人の霊をうつすもの。仏式の位牌に相当
・饌:お供えする食べもののこと。供物に相当
・帰幽:死亡すること
・奥津城:お墓のこと
・手水の儀:儀式や拝礼の前に手を清める作法のこと
・直会:神事の際の会食のこと

神道の神葬祭の式次第

遺族・親戚着席

神職入場・開式の辞

献饌、祭詞奉上など

弔事・弔電の紹介

玉串奉奠

神職退場・閉式の辞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。