精進落としのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火葬・初七日法要が終わると、一般的に食事が振る舞われます。これを「精進落とし」と言います。
昔は、故人の没後四十九日までは肉や魚の生き物の食事は断って、精進料理で過ごす風習がありました。四十九日の忌明け後、初めて肉や魚を再び食べることが出来るようになったために、それを「精進落とし」と呼んでいたのです。ですから、本来であれば精進落としは四十九日法要のあとに行われるべきものなのですが、現代では初七日法要が終わったあとにお世話になった人へのお礼の意味を込めて「精進落とし」を行う場合が多いようです。

席順は、僧侶が上座、遺族が下座に着席しますが、地域や寺院との関係によって異なる場合もあります。僧侶が同席しない場合は御膳料としてお触れとは別に渡します。

精進落としは、喪主・遺族代表の挨拶から始まります。その後杯を掲げますが、その時の発生は「乾杯!」ではなく「献杯」となります。またグラスを高く挙げたり音を立ててグラスを合わせるといったことはマナー違反です。

また、場合によっては「影膳」といって、故人に向けてお膳を用意する場合もあります。これについては、一定時間がたったらみんなでいただくのが通常です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。