葬儀の場所を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の場所を決めるときには、まず「故人の意思」が尊重されます。故人が生前自宅での葬儀を希望していたのであれば、多少不便であっても自宅での葬儀を選ぶべきでしょう。
また、故人がキリスト教徒である場合は、教会でお葬式をすることになります。
その他、葬儀をする会場としては、次のような場所が挙げられます。
・自宅の場合
片付けや整理が大変、他人の目が気になるという理由で自宅での葬儀を行う人は年々減ってきています。とはいえ、故人が生前自宅で葬儀を行うことを希望していた場合は、やはり自宅で行うのが筋でしょう。
また、家族葬のような小規模な葬儀を行うのであれば、会場費が必要ない分だけ費用的には助かるのも事実です。

・集会場や公民館の場合
マンションや団地の集会場、自治体が保有する公民館などで葬儀を行うことも可能です。使用料は葬儀会場に比べてリーズナブルですし、無宗教葬の場合は、選択肢として有力になります。ただし、こうした場所では規約が厳しく、利用時間に制限があったり音楽の使用ができなかったりと、不便を強いられることもあります。規約を事前によく読んでおくことが大切です。

・葬儀社の式場の場合
葬式場の中には葬儀社が保有・運営する式場、公営の式場、寺院が運営する式場などがあります。宗旨宗派の制限、生花や料理の持ち込み制限、宿泊施設の有無、駐車場の有無など、それぞれに特徴や制約がありますので、事前によく調べて優先順位をつけた上で決定するとよいでしょう。

・寺院の本堂、教会の場合
菩提寺の本堂や所属する教会で葬儀を行うことも可能です。ただし、こうした場所は本来葬儀をするために造られてはいません。そのため、参列者に不自由を強いることになる場合もあります。その点はよく確認しておく必要があります。
また、神道では境内の中で葬儀を行うことは出来ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。