葬儀開始1時間前にすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀告別式1時間前にすべきこととしては、まずは弔電の整理です。全文を読み上げる人、名前のみを読み上げる人を葬儀社に伝えます。氏名にふりがなをふっておくと読み間違えを防ぐことが出来ます。読む順番通りに並べておくと安心です。

弔電の読む順番は、生前に故人と交流が深かった人を優先します。弔電の数が多い場合は全文読み上げを3通程度まで、名前のみを5通程度に絞って紹介することもあります。数名に絞れない場合は弔電紹介そのもの省略することもあります。その際は弔電披露を省略する胸のアナウンスを入れてもらいましょう。

また、火葬場へ行く人数も、マイクロバスなど車両の乗車定員に限りがありますので、できるだけ正確に把握しておきます。

火葬後精進落としなどを設定している場合は食事する人数も正確に把握し葬儀社に伝えておきます。

開式直前は確認事項が多くなりますが、基本的にはその都度葬儀社が教えてくれますので、あまり細かいことに心配しすぎないでも大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。