通夜の式次第

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定刻になったら通夜が開始されます。
仏式の場合は僧侶が会場に入り、読経が始まります。

一般的な仏式の通夜の式次第は以下のようになっています。
遺族・親戚着席:遺族親族は開式15分前には着席します。

僧侶入場・開式の辞:僧侶が入場し、司会者が開式の辞を述べます

読経:読経が始まります

焼香:読経が始まってしばらくすると焼香が始まります

(法話・説話)場合によっては読経のあとに法話があります

僧侶退場・閉式の辞:僧侶が退場し、司会者が閉式の辞を述べます

通夜振る舞い:通夜振る舞いの会場に移動し、故人を偲んで会食します

喪主挨拶・解散:通夜振る舞いが終了する時間に喪主が挨拶します

(夜伽):地方によっては故人と一晩を共にします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。