通夜振る舞い、精進落としなど飲食を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜振る舞いとは、故人と共にする最後の食事のことで、故人の供養とともに参列者へのお礼を込めて、お酒や食事をふるまうものです。
通夜振る舞いには地域によって特性があり、地方によっては、大往生した人の通夜振る舞いに赤飯を炊く場合もあるようです。また、一般の参列者はお菓子や飲み物を受け取って帰る、という地方もあります。

首都圏での通夜振る舞いは、お寿司や煮物、オードブルなどをセレクトした大皿料理が基本。
参列者のほとんどが口をつける程度で帰りますので、量は参列人数の半分程度でじゅうぶん。
葬儀社に頼むと、たいてい人数分の通夜振る舞いを用意するので、あらかじめこちらで少ない人数分だけを用意するように行っておく必要があります。
家族葬など、小さなお葬式の場合は葬儀社を通さずに自分たちで用意することも可能です。その方が費用は圧倒的に安くなるので、葬儀の費用を抑えたい人にはおすすめです。

葬儀・告別式後、火葬後のの食事を「精進落とし」などと言います。
こちらは1人3000~4000円程度の会席料理が基本。火葬場へ同行した人全員にふるまう場合もあれば、親戚のみ、家族のみ、というケースも有ります。これは地域の特性や過去のお付き合いの程度などを勘案して決めましょう。
通夜振る舞い、精進落としともに、飲食代の他に飲み物代がかかります。1人500~1000円程度を見ておきましょう。

また、最近ではこうした飲食の場でも故人の生き方を偲ぶ工夫をする人が増えています。
例えば故人がワインが好きだった場合は、その好きだったワインの銘柄を出してみたり、故人が好きだったお菓子を出したりすると、故人を偲ぶ会話にも花が咲くことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。