遺影を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀社選び、葬儀会場選びが決まったら、いよいよ本格的な葬儀の準備に入ります。
葬儀の準備と言っても、大概のことは葬儀社の方で行なってくれます。
ですが、ご自身で行わなければいけないのが、「遺影」の写真選びです。

遺影は葬儀の当日だけでなく、何年も飾られるものなので、慎重に選ぶ必要があります。
遺影に使う写真はその人らしい表情がにじみ出ているものを選ぶとよいでしょう。
もし1枚に選びきれない場合は、数枚候補を葬儀社に手渡して、その中から選んでもらうようにしましょう。
その場合、1枚を正面に飾るメインの遺影とし、それ以外を受付や祭壇の一角に飾ることも可能です。

最近はデジタルフォトフレームなどを有効に活用し、遺影をスライド式に表示する、といった新しい遺影の形もあるようです。

最近の遺影写真はカラーが主流。額縁も黒一色ではなく木目調やカラー額縁なども出てきているようです。写真を加工して喪服へ着せ替えたりすることも、最近ではほとんど行われなくなってきています。服装もポーズも背景も、できるだけ自然な形の遺影写真が好まれているようです。

また、遺影の写真は最近のものを使う人が多いですが、若いころの写真を使っても一向に差し支えありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。