関係者に葬儀の日程を連絡する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての準備が済んだら、関係者に葬儀の連絡をします。
この時点で近親者や親しい友人などは亡くなったことを知っていますが、そうした親しい人を含めて、葬儀に参列することが予想される人には全員死亡のお知らせと通夜・葬儀の日程を連絡する必要があります。

連絡する方法は電話・FAX・メールなどでお知らせするのが一般的です。

昔は故人の交友関係だけでなく、遺族の仕事関連、遺族の交友関係、町内会など多くの関係者に告知していましたが、最近では告知する範囲を限定して葬儀を行うケースが増えています。
とはいえ、遺族でも知らない交友関係があるかもしれません。誰にお知らせをするかについては家族間でよく確認しあう必要があります。

葬儀の案内をする際のポイントとしては、

  • 故人の名前
  • 喪主の名前と故人との関係
  • 死亡した日時
  • 通夜・葬儀・告別式の日時と場所
  • 葬儀の宗教形式
  • 連絡者の名前
  • 供花・供物について

なお、供花・供物を辞退する場合はその旨を明記します。

家族葬など、葬儀の規模が小さい場合の連絡について

遺族の会社へは、忌引休暇の届け出をする際に葬儀の日程や場所を知らせます。
会社の関係者の通夜・告別式への出席は最近ではお断りするケースも多いようです。参列を希望するかどうか、また供花や弔電を受け付けるかどうかなど、あらかじめはっきり伝えておくと混乱になりません。

近所への連絡は、葬儀は身内のみで簡単に済ませる旨の通知をします。供花や弔電の受け取り可否についてもはっきり伝えておきます。
最近は近所への連絡は事後のことも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。