お通夜までに決めておくこと

お布施の相場

お葬式をする中で最もやっかいなのが、お布施をいくら払えばいいのかという問題。
お寺に聞いても「それはお気持ちだけで結構です」と必ず言われます。
ですが、実際にはお布施には「相場」というものがあります。
この相場からあまりにもかけ離れた金額を払うのは、やはりちょっと世間体が悪い。

もし近親者に同じお寺の檀家になっている人がいれば、その人に聞くのがいちばんです。相場をそれとなく教えてくれるでしょう。
ですが、近親者がいない場合、またはそういう知識のある大人が周囲にいない場合、問題は難しくなります。

実は、お布施の金額というのは、戒名の位によって大きく異なるのです。
高いお布施を払えば高い位の戒名をつけてくれますし、少ししか払わないと低い位の戒名しかつけてくれません。現実はシビアです。

もし戒名が必要でなく、読経だけの場合ですと、お布施は10~20万円で済みます。ただし、戒名がないとお寺によってはお墓に入れてくれない場合があるので要注意です。

戒名にそれほど思い入れがなく、とりあえずあればいい、ということであれば、お布施の金額は40~50万円程度を見ておけばいいでしょう。ただし、東日本のほうが西日本より金額は高め、また都市部のほうが地方よりも金額が高めなので、東京都内に住んでいる人はかなり相場が高いということを念頭に入れておいてください。

もし戒名を最高の位にしたければ、お布施の金額は80~100万円ほどにもなります。これだけ払えば、読経もかなりサービスしてくれるではないでしょうか。ただ、それだけ払う価値が本当にあるのかどうかは、よく考えて、故人の意思を尊重した内容にしておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

どの宗教で葬儀を行うかを決める

次に、葬儀をどの宗教にのっとって行うかを決めます。
もし、自分の宗教が仏式で、故人も同じ宗派である場合は特に大きな問題は起こりません。すぐに檀家となっているお寺の僧侶に連絡をして、通夜・葬儀の日程や戒名について相談しましょう。

もし、親子で異なる宗教を信じている場合は、状況が難しくなります。
基本的には亡くなった本人の宗派に合わせて葬儀を行うのが常道ですが、絶対ではありません。
それに、故人が葬儀を終えてお墓に入る場合のことも考えておかなければなりません。公営の墓地や宗旨宗派不問の墓地に納骨するのであれば問題はありませんが、お寺のお墓に入るのであれば、場合によっては改宗を求められる可能性もあります。

日本的な仏式の葬儀を希望するけれど檀家になっている菩提寺がない場合は、葬儀社がお寺を紹介してくれることもあります。ただし、葬儀社によっては「派遣」の僧侶を紹介してくれるところもあります。
こうした「派遣」の僧侶は、正直質があまり良くありません。中にはすべての宗派のお経をマスターした「自称僧侶」などもいるので、じゅうぶん注意が必要です。
できれば、生前から葬儀はどの宗派で行うか、お墓はどこに入るのか、は決めておくのがいちばんでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

枕飾りをしつらえる

遺体の安置所が決まったら、すみやかに安置所に遺体が搬送され、安置されます。
自宅や安置所に安置された遺体は、納棺までの間は布団に寝かせられます。布団に寝かせたあとは、葬儀社がドライアイスを当てるなどして保全処置を施します。
それらの準備が整ったら、葬儀社のほうで「枕飾り」をしつらえてくれます。枕飾りは宗派によっても異なりますが、基本的には「香炉」「ろうそく立て」「花立て」の3具足と呼ばれる仏具を最低限用意します。その他にも枕団子、枕飯、鈴、守刀などが用意されることもあります。

また、自宅に安置する場合、神棚があれば正面を半紙で隠す「神棚封じ」を行います。仏壇は閉じる必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

遺体を安置する場所を決める

故人となった遺体は、病院で息を引き取った場合はすぐに遺体を安置する場所を決めなければなりません。
既にもう葬儀社を決めているのであれば、その葬儀社が安置する場所まで搬送してくれますが、葬儀社が決まっていない場合は、困ってしまいますよね。
その場合、病院が「とりあえず安置所までの搬送と安置」までを行なってくれる葬儀社を紹介してくれる場合があります。

安置する場所の候補としては、自宅、火葬場の安置所、寺院、葬式会場、などが候補に挙げられます。安置には様々な要因がからみあってきます。できれば親族や葬儀社の人に相談して総合的に判断して決めるとよいでしょう。

もし既に葬儀会場が決まっていて、そこに安置所があるのならば、そこに安置するのが最も合理的です。

エンバーミングという手法

故人が遺体となってから、実際に火葬するまでに、空いた期間が数日であればドライアイスなどで遺体の保管が可能ですが、それ以上の長期にわたって、事情により火葬ができない場合は、「エンバーミング」という遺体保全処理の方法があります。
エンバーミングは、遺体を保全するだけでなく損傷した部分の補修も行なってくれる場合があります。やつれた顔をふっくらと生前の元気だった頃のように戻すことも可能です。また清潔で安全な状態になるので、故人にたくさん触れ合うことも可能になります。
エンバーミングの費用はおおよそ15~25万円が相場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

故人が臓器提供・献体を希望していた場合

場合によっては故人が臓器提供や献体を希望してることもあります。
その時はどうしたらいいでしょうか。
まず臓器提供の場合ですが、本人が臓器提供の希望をしている場合、臓器提供意思表示カードを持っているか、健康保険証の裏側に希望を記載するなどして意思表示をする場合が多いようです。
このような意思を表示されている場合は、家族はできるだけその希望に応えてあげるべきです。もちろん、家族がどうしても同意できない場合は臓器提供をやめることも可能です。ですが、やはり故人がそう望んでいたのであれば、その気持を裏切るのはいかがなものでしょうか。
よく考えてみて、いい方向に結論を持って行ってください。

献体の場合はもう少し複雑です。
まず、自分の身体を献体に使用しようと考えた場合は、大学や日本篤志家協会などに本人が登録しておく必要があります。さらに、家族の同意も必要になります。
本人が希望し、家族も納得した場合は、通夜・葬儀後に大学側が遺体を大学に搬送します。この搬送費用と火葬の費用は大学が負担します。
ただし、遺骨が家族の元に戻ってくるのは1~3年後となり、かなり長い間が空くことは覚えておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

亡くなった直後にすみやかに行うべきこと

ここからは、本人が亡くなってからのことです。
とうとう故人となってしまってからは、悲しみにひたっている時間はありません。すぐに手続きを進めていかなければならないのです。

まず病院で亡くなった場合、医師が死亡の判定を行い、看護師が点滴や呼吸器をはずしたり、切開したところを閉じてくれたりします。
また、仏教徒なら病院で「末期の水」を準備してくれるところもあります。

そのような処置が進む中で、病院を退院する手続きを取らなければいけません。
まずは私物をひとまとめにし、医師から死亡診断書を受け取ります。死亡診断書は役所へ届け出る「死亡届」と左右セットで1枚になっています。
死亡診断書は生命保険の受け取りにも必要なので、2~3枚余分にもらっておきましょう。死亡診断書は病院によって値段が違いますが、おおよそ1枚5000円程度です。
死亡診断書を受け取ったら、入院費用の精算を行い、遺体を搬出することになります。
遺体の搬出はできるだけすみやかに行われるように病院側から促されますが、病院によっては数時間~半日程度は院内の霊安室に安置させてもらえるケースもありますので、葬儀社が決まっていない、またはまだ連絡が取れていない、といった場合は、しばらくは搬出しなくても大丈夫だということを覚えておきましょう。

次に、自宅で亡くなった場合、かかりつけ医もしくは警察医の診断により死亡が確定します。警察医の場合は「死体検案書」が作成されます。
その後の遺体の処置ですが、看護師が処置をしてくれる場合と、全く何もしない場合があります。医師が何もしない場合は、葬儀社と連絡をとりあって死体の処置をどのようにすればいいか提案してもらいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

危篤を告げられたら

危篤を知らせる電話のかけかた

いよいよ最期の時が近づいてきたとお医者様から告げられたら、まずはうろたえずに、近親者に連絡を取りましょう。
近親者が身近にいるだけで、精神的にはだいぶ助かるものです。
ひとりですべてを背負ってしまわないように、近親者に甘えられる部分は甘えても誰も非難することはないでしょう。

また、近親者以外にも、本人に会わせたい人がいれば、その人にも連絡を取ります。今は携帯電話が普及したので、かつてのような「チチキトク」の電報を打つこともほとんどなくなりました。こういう場合は夜中であったとしても臆することなく連絡を取りましょう。失礼よりも重要な事なので。

危篤の連絡をする時は、電話をかける側も受ける側も動揺していますから、ポイントを的確に、手短に要件を伝えるようにしましょう。

  • 自分の名前と本人との関係
  • 危篤である事実、本人の様子
  • 本人のいる場所(住所、病院名、施設名など)
  • 自分の連絡先

このぐらいが伝える主なポイントです。
とかく危篤を伝える電話は長くなってしまいがちですが、他にもすることは山ほどあります。危篤の電話はできるだけ手短にするようにしましょう。

現金を用意する

人が死ぬということはたくさんのお金がかかります。入院費の精算、葬儀費用、お礼、当面の生活費などが重くのしかかってきます。
なお、亡くなる当人の金融機関の口座は、亡くなったことが伝わると自動的に一時凍結されます。お金が引き出せなくなるので、故人のお金を当てにしている人は要注意です。当人の了解を得て、口座からある程度のお金を引き出しておくのも策でしょう。

キリスト教信者の場合

当人がキリスト教信者の場合は、危篤になったらすぐに教会にその旨を連絡してください。キリスト教では臨終前に神父や牧師が立ち会って祈ることが大切なこととされています。カトリックでは「塗油の秘跡」と「聖体拝領」を行いますし、プロテスタントの場合は「聖餐式」を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

亡くなる前に決めておく事柄

いざ本人が亡くなってしまうと、その意向が判断できず、トラブルのもととなることも。
余命が少ないとわかった場合はすぐに、そうでない時でも、時期を見て、以下のことを決めておくことでトラブル回避になります。
・訃報を知らせるべき人、知らせなくてもいい人
・葬儀・墓に対する本人の希望
・形見分けに対する本人の希望
・財産・相続について
特に財産・相続については非常に大きな問題です。
このことについて本人がきちんと決めておかなかったばかりに、亡くなった後に醜い骨肉の争いが起きることが少なくありません。
ぜひ、亡くなる前にしっかりと決めておいてください。

最近では書店などで「エンディングノート」というものが販売されています。
これは、対話形式で自分が亡くなったあとにどうすればいいのか、どうしたいのかが事細かに書けるようになっているため、このエンディングノートを有効活用することで、なかなか口には出しにくい「自分が死んだ後のこと」をスムーズに決めることが出来るようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0