喪主としてのお通夜

通夜の式次第

定刻になったら通夜が開始されます。
仏式の場合は僧侶が会場に入り、読経が始まります。

一般的な仏式の通夜の式次第は以下のようになっています。
遺族・親戚着席:遺族親族は開式15分前には着席します。

僧侶入場・開式の辞:僧侶が入場し、司会者が開式の辞を述べます

読経:読経が始まります

焼香:読経が始まってしばらくすると焼香が始まります

(法話・説話)場合によっては読経のあとに法話があります

僧侶退場・閉式の辞:僧侶が退場し、司会者が閉式の辞を述べます

通夜振る舞い:通夜振る舞いの会場に移動し、故人を偲んで会食します

喪主挨拶・解散:通夜振る舞いが終了する時間に喪主が挨拶します

(夜伽):地方によっては故人と一晩を共にします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

通夜開始前の短い時間で最終確認すべきこと

納棺の儀が終了してから通夜の開始まではほとんど時間がありません。
ですが、その短い時間内に行わなければならないことはたくさんあります。
主に、通夜が始まる前の最終チェックになります。
例えば、

  • 会葬御礼状の誤字脱字チェック
  • 供花・供物の氏名・順番のチェック
  • 遺族・親族の席次の確認
  • 僧侶の食事の確認

などがチェック項目としてあります。
特に氏名のミスはとても多いので、じゅうぶんにチェックするようにしてください。
通夜開始1時間前になると手伝いの人が集合しますので、受付や会計などの役割分担を決めます。その際には「本日はお忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いします」という挨拶を忘れないようにしましょう。

通夜開始の30分前には僧侶が到着します。控室に通された僧侶へは喪主と遺族が挨拶に行きますが、その時にお布施を渡すのが通例になっています。

基本的にはこうしたチェックについては葬儀社がその都度指示をしてくれるので、その指示にしたがって行動すれば大きな間違いはないでしょう。ただし、意思疎通がじゅうぶんでなかったために起こってしまうトラブルは珍しいことではありません。こうしたミスを防ぐには、不明な点があったら先延ばしにせずすぐに解決すること。当日の予定やスケジュール等、確認しやすいように書面で出してもらうといいでしょう。
「料理が足りない場合」や「故人との対面を希望する人がいる」といった場合は、いったん喪主が話を承って、葬儀社と話し合いながら手続きを進めていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

納棺の儀の手順

「納棺の儀」というのは、故人を安置している布団から棺に納めるための一連の儀式を指します。
一般に納棺の儀は親戚が集まりやすい通夜の前に行われることが多く、儀式にかかる所要時間は30~40分程度になります。

納棺の儀に必要な祭具は宗派に沿ったものを葬儀社が用意してくれます。進行や作法についても葬儀社が事細かに教えてくれるので、心配はいりません。
仏式の場合、まずは遺体を死装束に着替えさせます。死装束は「冥土への旅支度」をするための衣装になっています。
そのため、足には草履を履かせ、三途の川を渡るために必要な六文銭を模した紙を頭陀袋に入れ、杖を持たせてあげます。
冥土への旅支度が済んだら、ゆっくりと故人を棺に納めます。

そして、棺には故人の愛用していた物を入れることも最近では一般的になってきました。ただし、火葬の妨げになるような物は棺に入れることはできません。具体的には、金属・ガラス・電池・カーボン製品は火葬炉故障の原因となるので入れてはいけないことになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

喪主としてふさわしい通夜の時の服装

とうとう通夜の日が来てしまいました。
悲しみに耐えながら、人生のうちでそう何度もない多忙を極める1日を大過なくすごさなければなりません。

そのためには、まず家を出る際に、喪主としての服装がきちんとしているかをチェックしましょう。

本来お通夜というのは正装をする必要のないものでした。
なぜなら、喪主をはじめとした近親者は故人と共に夜を徹して過ごすものでしたのでこの時点で喪服を着る必要はありませんし、参列者は「大急ぎで来たから喪服を用意できなかった」という事を表すために華美な服は避けるものの喪服は着てこないのが本来の形でした。

ですが、最近は事情が変わってきていて、お通夜に参列者が集中する傾向があり、また喪服を着てくる参列者が多くなったため、遺族もそれに合わせて喪服を着るようになってきました。
ですから、家族葬など、近親者のみで通夜をする場合は、必ずしも喪服を着る必要はありません。それが本来の姿なのです。

お通夜の時点で喪服を着用するのであれば、男性は洋装ならモーニングコート、和装なら紋付袴が本来の正式な服装になります。
ですが、最近ではブラックスーツが一般的になっています。
女性の場合はワンピースかアンサンブル、スーツのいずれかが適当だと思われます。パンツスーツはややカジュアルに思われるかもしれないので避けたほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0